成功の分かれ道、気骨のある人、気骨のない人

Pocket

ジョン・C.マクスウェル 齋藤 孝
三笠書房
売り上げランキング: 207,994

p195
気骨のある人とない人では、成功へのアプローチ方法に次のような違いがある

気骨のない人(※一つもあてはまらないように注意すること)
・できるだけ簡単なことをする
・雰囲気に呑まれる
・言い訳をする
・問題にぶつかるとあきらめる
・表面的な動機によって行動する
・言行不一致
・選択を誤る

気骨のある人(※心に留めておくこと)
・正しいことをする
・確固たる価値観を持っている
・解決策を求める
・問題にぶつかってもあきらめない
・内面的な動機によって行動する
・言行一致
・成功につながる選択をする
————————————————————
いたたたたっ。
気骨のない人ってまるっきりわたしじゃないですか!
ジョン先生、千里眼かぃ。
という感想はさておいて、
「気骨のある人」というとなんだか
明治の偉人のイメージではありますが、
「気骨のない人」の項目を少しでも変えていきたいものです。

↓こちらは気骨とは別物・・・
「1000日チャレンジ」と7月19日のワタクシ  

原田 隆史
日経BP社
売り上げランキング: 59,130

1000日連続でこんなこと↓やろうとしてま~す
・毎日外出する———-1071日目(2000日挑戦中)
・ラジオ体操第1第2———-753日目
・掃除機かけ———-765日目
・父母に感謝の念を送る———-793日目
・クランチ30回———-353日目
・ありがとうを100回言う———-132日目
・玄関のぞうきんがけ———-793日目
・スクワット30回———-658日目
・反省と禅定———-90日目
久し振りのお友達と会食。
そこのレストランの社長さんの商売の話で盛り上がる。
いやぁ、外国から来て、ゼロからそこまでとはまったく頭が下がる。
「いま、いちばん大変なんだよ~、困ってるんだよ~!!」
と、最高にうれしそうな満面の笑みでおっしゃるところが笑える。
全然困ってるように見えませんぞな。
そ、それが秘訣ですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る