メルカリで初出品。不用品が2日で売れて片づけサクサク&「らくらくメルカリ便」の匿名発送システムが秀逸で驚いた話

Pocket

おはようございます!
テレビをもっていない歴がすでに20年超のスギポンです。

メルカリ ロゴ
メルカリ ロゴ

今さらですが「メルカリ」ご存じですよね?

CMもやっているそうですしね。
ワタクシは情報源がかたよっているせいか、
「中学生がメルカリでウイルスを販売して捕まった」というニュースを
お昼のラジオニュースで聞くまでは全く存在を知りませんでした。

メルカリとは

さらに今さら過ぎて恐縮ですが、
メルカリというのは、2013年に配信開始したフリマアプリなのですね。

それが2017年現在は、ネットオークションとフリーマーケットサービスを合わせたサービスのなかではヤフオク!楽天オークションモバオクに次いで第4位。

フリマアプリサービスでは第1位なのですと。(Wikipedia調べ)

1日に100万点も出品されており、
ダウンロード数たるや5000万!というのですから、勢いのほどがわかりますよね。

でも、9月のニュースで知ったときは、検索してみただけで終わっていました。

もう10年以上前にヤフオクでならあれこれ出品していましたので、
ネットで中古品をやり取りすることに抵抗はないのですが、
あれはけっこう面倒なんですよね。

なので、最近、不用品の処分は、もっぱら実店舗へ持ち込みしておりました。

不用品を処分するなら

実店舗派

今年のわが家はものすご~く不用品の処分が進みました。

自分の物だけでなく、家族数世代に渡っての不用品に続々と別れを告げているのです。

ここに引っ越す前にも大処分してきましたが、最近は車も使えるので、
一挙にかたをつけようと思うと、思い立った日にいきなり搬入できる実店舗が主。

しかし、近隣の4店舗の不用品買取には向き不向きがありまして、
機械に強いハードオフ、洋服や雑貨の買取価格が高い某BB社、
新しめの本ならいいけど古いと引き取ってくれないお店、
どこでも引き取ってくれなかったものを絶対に引き取ってくれる通称「最終処分場」、
とグルグル使い分けて車にみっちりと積み込んで何往復もしました。

ほとんどお金にはならないのですが、捨てるのはもったいない、
誰か使ってくれるなら!の一念です。

ネットで処分派

そして、最後に残ったのが、鉄刀木(たがやさん)の棚と
農薬散布用ヘリコプターだという話はおいといて、
なんとかできそうでなんとかしたいのがPC用マイクと、
最近買って読み終わったばかりのJimdoのマニュアル本でした。

本には旬がありますし、マイクもまだ2ヶ月は保証期間が残っているので、
売るなら早いほうがいいのです。

メルカリは出品がラク!

そこで、気になっていたメルカリをチェック。
さすがにスマホ用のアプリだけあって、なんだかカンタンそうです。

あれこれ情報を収拾してから、と思うと気力がなえるので、
ダメ元でササッと写真をアップしました。

説明文はAmazonにある説明文をコピペして、自分の希望も書いて終わり。
ものの10分もかかりません。

確信はありませんが、どうやら出品できたみたいです。

メルカリは値下げ交渉から入る

すると、すぐに問い合わせのにコメントがつきました!

新品ですか? というものと、値下げ交渉です。

そのあとも、値下げ要請が続きます。

どうやらオークションの逆で、メルカリは値段をどんどん下げていって、
下がりきったところで値段交渉しているのではない人が、
横からサクッと購入していったりするみたいです。

わかっていれば楽しめますよね。

言われるがまま、OKして値下げしたり、もう下げられませ~んと謝ってみたり、
というやり取りが何度か続いたあと、購入してもらえました。

メルカリは発送方法がいろいろと選べる

次は発送です。

メルカリのメリットはいろいろありますが、特に私が気に入ったのは、
メルカリ専門の「らくらくメルカリ便」(クロネコヤマトのサービス)です。

他にも「ゆうゆうメルカリ便」という郵便局専用のサービスもありますが、
どちらもメルカリ便だと送料が全国一律なのです!

送料無料で出品したかったので、これはありがたい!

もちろん他の配送方法を選ぶこともできるのですが、
このメルカリ専用便だと、送る方も受け取る方も匿名で配送が完了するのです。

しかも、送料は発送時にはかかりません。売上から差し引かれる仕組みです。

「らくらくメルカリ便」はヤマトの事業所か、
取扱のあるコンビニエンス・ストアから発送
できます。

この発送の際、送り状に正確に相手の住所を記入するのって
けっこう神経使いますよね。

私はたまにしか字を書かないので、
字を書く度に前回よりも恐ろしく下手になっていて憂鬱でした。

が、メルカリ便ならその手間が全くなし!

メルカリのサイトで発送用のバーコードを表示して、
それをコンビニの端末で読み取ってもらうと、
宛て先は匿名のまま伝票が発行されるのです!

それをカウンターに持っていって、
送り状のポケットに入れて(だったかな)と、とにかく簡単。

お金のやり取りは全部メルカリが代行してくれるので安心。

おかげで、送金したのに品物が届かない、なんてことがないので安心。
ヤフオクのウィークポイントをカバーした秀逸なサービスだといえます。

しかも、中古品買取業者に売るよりも圧倒的に高く売れます

手間がかかる分、当たり前でしょうが、これもうれしいですよね。

家にあるものの6〜7割は非稼動

実はメルカリ本体は、中古品の売買だけの企業ではありません。

もっとすんごいことを考えているようで、現代ビジネスに社長の対談が出ていました。

【新たな仮想空間「メルカリ経済圏」は可能か】

この記事のなかで、

「家にあるものの6〜7割は非稼動だと環境省のデータで明らかになっています」
とありました。

環境省ってそんな調査までするんですね(笑)

でも、私の実感では8~9割じゃないかと思いますね。

思い出の品あたりを稼働と見るか非稼働と見るかで違ってくるでしょうが、
実際に稼働しているのは1、2割じゃないかな。

みんな、使わないモノに囲まれてアップアップしていますよね。

そんな使わないものを使う人に回そう、という発想は大好きです!

メルカリは簡単。
スマホからならもっとカンタン!
年末の大掃除で思わぬモノを発見したら、またやってみますかな…

そういえば・・・の追記↓

メルカリ利用はスマホから

そもそもメルカリはスマートフォン用のアプリケーションなので、
私のようにPCからでは使えない機能があります。

なんと、売上金をそのまま使って買い物ができませぬ。
アイコンの変更もできませぬぅ。

いまだガラケーの私にはちと残念。

不便な世の中になったものよのぉ。
ゴホッ
おとっつぁん、おかゆができたわよ…か。

ま、メルカリおもしろいから許す!←えらそげ

スギポン今どこ? こたえは・・・
・・・メールマガジン ☆ http://www.mag2.com/m/0000110738.html
・・・仕事サイト ☆ http://www.hnym.jp
・・・ブログ ☆ https://sugipong.com
・・・Twitter ☆ http://twitter.com/Sugipong

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る