「一日の反省」長尾弘先生の教え

Pocket

おはようございます!スギポンでございますっ。

さて、快適な朝を迎えるには、健やかな眠りが最重要。

そのために、早寝早起きのコツ ともにおさえておきたいのが、魂レベルで心の状態を保つコツです。

そこでおすすめなのが、2007年に亡くなった長尾弘先生の「一日の反省」です。

これはもともと、長尾先生の朗読されたテープなので、私が文字起こしさせていただきました。

テープですと、長尾先生の声とともにゆっくり一つ一つ反省していくわけですが、時間が取れない場合は、これをざっと読むだけでも、全く反省しないよりはいいはずですw

そう思いついてからは、手帳にこれをしのばせて、出先で目を通したりしておりました。

最近、サボっていたので再開せんばっ。

というわけで、同志のためにこちらでもシェアしておきますね。


■「一日の反省」


大宇宙を支配しこの地上界の万生万物を育てはぐくむ大自然の力、この力こそ真の神と申し上げております。

この真の神様に対して心から感謝できたか。


私たちは神、我と共にあり、我、神と共にありと自覚できたか。


私達は真の神、父なる神の愛し子であることを忘れなかったか。


私たちは真の神の御心をこの肉体を持って、示し表わす努力をできたか。


私たちとまったく同じようにこの地上界に肉体を持たれて、神仏と表裏一体までご自分を高められた天上界の諸如来、諸菩薩様に心から感謝できたか。


私たちを正しく導き一切の魔から守る努力をして下さいます実在界の諸天善神に心から感謝できたか。


私たちの心の中におわします守護・指導霊の存在を自覚できたか、また感謝できたか。


先祖代々の諸霊の皆様に心から感謝し、供養の思いを忘れなかったか。


両親からいただいた無償の愛に対して、心から感謝して御恩返しの心を忘れなかったか。

10
生きとし生けるものに対して幸いあれ、平和あれ、恵み多かれと祈ることができたか。

11
親子、夫婦、兄弟、また有縁、無縁の方々はすべての縁生によって与えられたものである。

その与えられた存在に感謝して、すべての人々の幸せを祈れたか。

12
この世は魂の修行の場であることを自覚し、現れてくる色々なできごとに振り回されることはなかったか。

13
自分の想念行為について、その都度、謙虚に反省できたか。

14
この世は原因結果の法則の中にあることを自覚して、自ら苦しみの原因を作ることはなかったか。

また、幸せの原因を一つでも多く作れたか。

15
自分の良心に従って生活をできたか。

16
怒りに自分を失い、己自身の心に毒を食べさせなかったか。

17
ねたみ、そしりによって自分の心を曇らせなかったか。

18
愚痴によって自分の心を重くしなかったか。

19
人様の事を悪く思わなかったか。

また悪口、陰口をいわなかったか。

20
憎しみや恨みによって、自分の心を苦しめなかったか。

21
過ぎ去った過去の苦しみを持ち越していなかったか。

22
まだ来ぬ未来を思い煩わなかったか。

23
一瞬一瞬を真剣に生きられたか。

24
嘘を言わなかったか。

また小さい事を大きくいわなかったか。

25
想いの中にも盗みはなかったか。

26
貪欲にとらわれてはいなかったか。

27
足ることを知った一日を過ごしたか。

28
自信過剰や増長慢にならなかったか。

また、卑屈にはならなかったか。

29
謙虚であったか。

30
礼儀正しく生きたか。

31
柔和であったか。

にこやかであったか。

なごやかであったか。

32
自分の言葉や行いによって無慈悲なことはしなかったか。

33
悲しい思いを与えなかったか。

34
苦しみを与える事はなかったか。

35
人様を迷わせなかったか。

また困らすことはなかったか。

36
ご迷惑をかけたり、不愉快な思いを与えなかったか。

37
人の心を思いやったか。

また相手の立場に立ってものを考えたか。

38
人の心を裏切らなかったか。

39
人のふりを見て我が身を振り返ったか。

40
人の口車に乗らなかったか。

41
天地の恩、人々の恩に心から感謝できたか。

42
己自身の思いや考えを人に押しつけなかったか。

43
自分を忘れて、他を利したか。

44
人様を差別しなかったか。

すべての方に平等に接しられたか。

45
人様の過ちを責め裁くことはなかったか。

46
すべての方を許させていただいたか。

47
無償の愛を実践できたか。

48
一日一善を心がけたか。

49
今現在、自分の心は安らかか。

50
さみしくはないか。

51
悲しくはないか。

52
苦しくはないか。

53
明日に我が身に死がおとずれても、心残りのない一日を過ごしたか。

54
明日に家族の誰かに死がおとずれても、後悔のないように家族に接しられたか。

55
明日に一切の財を失うとも、その運命に素直に従えるか。

56
食事の度に動物、植物、鉱物、その命に対して心から感謝できたか。

57
米粒一粒、小魚一匹、野菜一切れ、すべては尊い命をいただいております。

この命を粗末にしなかったか。

58
一日一生の思いで生きたか。

59
今現在、何物にも心残りのない時を迎えているか。


以上。

読んでみると、へ~こんなことまで反省の材料なんだな~とわかりますよね。

そうそう、瞑想する前にも「反省」は必須ドス!

反省なくしての瞑想はフタ開けっ放しも同じでキケンらしいです。

開けっ放しだと憑依されやすいと聞きましたヨ。

や、ワタクシ、スピではありませんので、ほんとのところはどうだか知りませんが…(笑)

というわけで、一日の終わりにきちんと反省して、あしたはまたまっさらな一日を迎えましょうゾ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る