楽天ブログ⑩スギポンで生きていく私

Pocket

『 スギポンで生きていく私 』
 
 友人の紹介で、あるところであるものの説明会に出席した。
  ※あるところにおじいさんとおばあさんがいました…じゃないよ。
 
 一番前の席に座った私は、度々講師の客いじりの対象になっていた。
 
 ホワイトボードに「Aさん」と書くところ、それではツマランと
 考えたのであろう講師が私に
 
 「お名前を伺えますか?」
 
 と訊いた。
 
 しかし、講師殿、訊いた相手が悪かったナ。
 生来非常にマジメな私だ。
 
 正直に、
 
 「スギポンです」
 
 と答えた。
 
 そう、あたしゃ大マジメのコンコンチキだ。
 
 10月1日からは「スギポン」で生きていくと決めたのだ。
 
 楽天内じゃ~、6月1日からスギポンで通っているし、
 メールマガジンだって、スギポンの名で発行しているのだ!
 
 9月からは名刺にだってスギポンと書いてある。
 それを、初めまして、スギポンですと言って渡しているのだ。
 
 …どうだ、まいったか。
 まいらないか、そうか…。
 
 世の中には、こういう奴もいるってことを知らなくて当然だ。
 頭がおかしいと思ったかもな。
 
 
 「は?、スギ・ポン?さん、ですか???」
 
 「そうです、ス・ギ・ポ・ン、です」
 
 「あ~あ、スギモトさんですか」
 
 「違います、スギポンです」
 
 「ム、漢字は?」
 
 「カタカナです」
 
 「 ……。」
 
 勝った!
 
 いや、ちがった。ジャンケンしてるわけじゃ~ない。
 
 私はマジメだったが、講師にはイジメだったかも知れない。
 
 冗談のわかる人だと思ったので、ま、いいかとも思ったが、
 やはり、ダメージを与えたことは否めない。
 
 
 しかし、講師たるもの、訊いた手前使わざるを得ない。
 
 ホワイトボードに書かれた「スギポンさん」の文字を指しながら、
 
 「この場合、スギポンさんは・・・」
 「スギポンさんが、こうしたら・・・」
 「となったら、スギポンさんは・・・」
 
 の連続に、会場では忍び笑いが続いた。
 
 50名ほどいた会場内には、知り合いが数名いた。
 「聞いてるこっちのほうが顔が赤くなりましたよ~」と後で言われた。
 
 そうか、申し訳ない。
 
 でも、私がスギポンであることには変わりはない。
 諦めて欲しい。
 
 だがしかし…
 よく考えてみて欲しい。
 私の名前が本当にSugipongではないと誰が言えるのだ。
 
 タイ国籍で、チュラロンコン・スギポン・ウンタラカンタラ・
 ウンヌンカンヌン・ナニナニという名前かも知れんではないか。
 
 のお、講師殿。
 
 国際化の時代じゃ、人は見かけによらぬかも知れんゾ。
新着記事

    ごめんなさい!お探しの記事は見つかりませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る